読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれや、これや、えんやこら

思うがまま、記事にします

オリンピック講演会

こんにちは。

ご無沙汰しておりました。就職活動が一段落したので、ブログも書いていきたいと思います。

オリンピア講演概要

早速ですが、去る11月3日、町内でオリンピックアーチェリー選手の山本博さんの講演会に行って来たので、その様子を紹介しようと思います。

f:id:masahiro3735963:20161107215625j:plain

f:id:masahiro3735963:20161107215642j:plain

f:id:masahiro3735963:20161107215703j:plain

講演に聞き入ってしまい写真少なめです。

山本博さんをご存知でない方は山本博 (アーチェリー選手) - Wikipediaを見てください。

過去二回、1984年に銅メダル、2004年に銀メダルを獲得されました。中年の星と呼ばれていますよね。御年54歳になりましたが、これからも金メダルを目指してオリンピックに挑戦すると意気込んでいました!今回の講演を拝聴しまして、パワフルさに圧倒されっぱなしでしたね。とにかく熱い男だと言うことがヒシヒシと感じられ、一流選手の存在感に感服いたしました。またなんといっても軽妙なトークと、たまに入るジョークが素晴らしかったです。おばちゃん連中なんか、ドッカン、ドッカンと大ウケでしたよ笑。とても魅力ある方です。せっかくなので本の紹介でもして、山本さんを応援しましょう。

 

f:id:masahiro3735963:20161108175002p:plain

また一番上の写真の左側のジェントルマン、こちらの方はスポーツ用品メーカー大手のミズノ㈱の元副社長をされていた、香住区出身の方で上治丈太郎さんです。1988年のソウルオリンピックからミズノ㈱の担当として、影からオリンピックを支えてこられました。失礼ながら、この度の講演会に参加するまで存じ上げませんでしたm(_ _)m。同郷の方と言うことで非常に鼻の高い思いです。講演会の尺が足らず、わずか20分だけの講話だったのが残念でした。内容も東京オリンピックの概要と、上地さんご自身のこれまでの活躍の紹介が少しだけでした。山本さん同様、上治さんもすばらしい功績を残されてきた方なので、もう少し詳しく話を伺いたかったですよね。

まとめ

では山本さんの講演の中から、僕心に響いた言葉を三つ紹介したいと思います。

  1. 満たされない方が頑張れる」これは21歳で銅メダルを獲得してから、41歳で銀メダルを獲得されるまでの20年間、思うように結果が出せず悔しい思いをし続けたそうです。オリンピックで再び栄光を勝ち取ることができたのも、満たされない気持ちをバネにし、日々練習を重ねてきたからなのでしょう。
  2. 思い込みが可能性を奪う」いつでも自分にセーブをかけているのは、自分自身と言うこと。山本さんは、志半ばで競技を離れてく選手を何人も見てきたそう。本当に叶えたい夢があるなら、自分の思い込みを捨て挑戦し続けることの重要性を、改めて感じました。
  3. いつも全力、手加減しない」わかっているけど、なかなか実践できません。社会的に成功している人って、本当に負けず嫌いな方が多いですよね。以前、私がお世話になっていた社長さん方も、面倒くさいくらい負けず嫌いで、いつもフルパワーでした。厚顔無恥でいつも全力で居たいです。

というわけで2020年、東京オリンピックも開催まであと三年半となりましたね。我が町では、事前キャンプの誘致活動をしているみたいなのですが、全く知りませんでした。宿泊業者や観光業者などその筋の方は関わりあるみたいですが、一般人向けの説明が足りてないなと思いました。これから追々やっていくんでしょう。中心は東京ですが、地方もインバウンドの恩恵を得られる絶好のチャンスです。2020年に向け、地方からできることをしっかり見つけていきたいですね。